iPodtouch完全活用 次期iOS「iOS7」の新機能・変更点まとめ

iPodtouch完全活用

iPodtouchの力を最大限に引き出す方法をまとめていくブログ。



スポンサーリンク


次期iOS「iOS7」の新機能・変更点まとめ

先日アップルは「WWDC 2013」において次期iOSとなる「iOS7」を発表しました。

iOS7はこれまでのiOSメジャーアップデートとは違い、デザインを含め大幅な変更となる模様です。

まずはホーム画面をiOS6と比較してみました。左がiOS7、右がiOS6です。

ios7y1.jpg

iOS7ではフラットなデザインに変更され、現在の奥行のあるデザインとはかなり異なります。

このフラットなデザインはSafariやメールといった標準アプリや通知センターにも継承されています。

※今回はすべて比較元を含めiPhoneの画面ですが、iPodtouchでもほぼデザインは同等です。

・通知センター
ios7y2.jpg

現行のiOSでも搭載されている通知センターですが、iOS7ではデザインが大幅に変更される模様です。


・Safari
ios7y3.jpg

こちらもデザインが大幅に変更されています。
さらに、タブが3Dぽくなっています。

ios7y4.jpg


・マルチタスク
ios7y7.jpg

iOS7では、マルチタスク機能が進化し、ユーザーがいつ、どのアプリを使用するか学習して、
ユーザーがアプリを立ち上げる前に情報を更新するという機能が追加されています。


その他にも、Siri・AppStoreなどのデザインが一新されています。

ios7y5.jpg

ios7y6.jpg


次に搭載予定の新機能を紹介していきます。

・Control Center
ios7y8.jpg

iOS7ではコントロールセンターという機能が新たに搭載されます。
コントロールセンターはどの画面からも上にスワイプするだけで開くことができます。

コントロールセンターでは明るさの調整、音楽の再生・一時停止や画面の回転ロックのオン/オフのほか、
今までいちいち設定アプリを開いて操作する必要のあった、
機内モード・WiFi/Bluetooth・おやすみモードのオン/オフをすることができます。

またその他にも「懐中電灯」「タイマー」「電卓」「カメラ」をワンタッチで開くことができます。


・AirDrop
ios7y10.jpgios7y10.jpg

今回iOS7から加わる新機能で、一言で言えばBumpと同等の機能です。
写真や動画、アドレス帳をiOS端末間でやりとりすることができます。


なお、iTunes Radio(音楽ストリーミングサービス)は
iOS7が提供されるときにはアメリカのみ対応で、順次拡大していく予定だそうです。

なお画像はApple公式ページより引用、比較しやすいようにサイズ加工しました。


iOS7が完全に対応するのはiPodtouchでは第5世代(廉価版含む)、iPhoneではiPhone5以降のモデルです。
第4世代以前のiPodtouchはiOS7にアップデートすることはできません。

iOS7が実際に自分のiPodtouchで使えるようになるのは今年の秋頃と思われます。
秋頃には第6世代となる新型iPodtouchが発売される可能性もあり、
大きなイベントが続くので楽しみにして待っていたいと思います。


関連記事
iOS7用iPodtouchの基本的な使い方
iOS7、本日より利用可能に
beta版からみるiOS7の概要
iOS7にする前に注意すべきこと
価格帯別iPodtouch比較


スポンサーリンク



テーマ : iPhone/itouch
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
プロフィール

ipfumi

Author:ipfumi
iPodtouchを愛用して1年・・・
いままで調べたことをまとめていきます。

当ブログについて
当ブログについて

【ツイッター】
ツイッターで更新情報をつぶやき中


【はてなブックマーク】
このエントリーをはてなブックマークに追加

【RSS】
下のアイコンから購読できます。
rss.png

【お知らせ】
iTunesカード割引キャンペーンの
アプリをリリース致しました。(5/10)
ダウンロード:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
スポンサーリンク