iPodtouch完全活用 価格帯別iPodtouch比較

iPodtouch完全活用

iPodtouchの力を最大限に引き出す方法をまとめていくブログ。



スポンサーリンク


価格帯別iPodtouch比較

現在、アップルは価格帯で大きく分けると3グループのiPodtouchを発売しています。
しかし、どのグループにするか迷っている方も多いと思います。
今回はグループ別にiPodtouchを比較してみました。

まずは、グループの説明からしていきたいと思います。
・第5世代iPodtouch(通常モデル)
ipodtouchmodelcomp1.jpg

最新世代のiPodtouchです。3グループの中で最も高価なグループです。


・第5世代廉価版iPodtouch
ipodtouchmodelcomp2.jpg

このほどアップル価格改定に先立って発売された廉価版iPodtouchです。


・第4世代iPodtouch
ipodtouchmodelcomp3.jpg

型落ちとなり、現役当時よりも安く発売されているiPodtouchです。
(注)Apple Storeでは取り扱いが終了したようです。


では、具体的に3グループの比較をしていきたいと思います。

・基本スペック
ipodtouchmodelcomp4.jpg

第5世代は通常・廉価版問わず基本スペックはほとんど同じです。
一方で、第4世代は2010年秋に発売された古いモデルのため、
第5世代に比べスペックは劣ります。


・容量ラインナップ
ipodtouchmodelcomp5.jpg

通常モデルでは、32/64GBと容量が多いのに対し、廉価版・第4世代は、
容量が低く抑えられています。


・液晶
ipodtouchmodelcomp6n.jpg

どのグループもRetinaディスプレイ搭載ですが、画面サイズが第5世代と第4世代で異なります。


・カメラ
ipodtouchmodelcomp7n.jpg

廉価版には背面カメラが搭載されていません。
また、どのグループとも微妙に性能が異なります。


・デサイン
ipodtouchmodelcomp8.jpg

通常モデルはカラーバリエーションが豊富な一方、
廉価版・第4世代は1~2色程度しかありません。


・価格
アップル価格改定後の定価です。
Amazonではこれよりも若干割引された価格となります。
ipodtouchmodelcomp9.jpg

価格帯としては、
通常モデル>(7000円)>廉価版>(6000円)>第4世代となっています。

カメラ機能・容量2倍が7000円の価値があるかどうかがポイントだと思います。


当然のことながら、同じiPodtouchである以上、iOS搭載などと言った
基本的な面は3グループとも同じです。


・結論
結局のところ、個人的には用途別に次のように決めると良いと思います。

・通常モデル:アプリを使い倒したい/大量の音楽・動画を入れたい。

・廉価版:カメラは使用せず、そこそこの使い方をしたい。

・第4世代:音楽中心に使用し、ネット/アプリはオマケ程度。


自分に合ったiPodtouchを購入できることを祈っています。

なお画像はApple公式ページより引用、比較しやすいように加工しました。


Amazonページ
・第5世代iPodtouch(通常モデル)



・第5世代廉価版iPodtouch



・第4世代iPodtouch



関連記事
第5世代iPodtouchの主な変更点
廉価版ipodtouchが発売
第5世代iPodtouchと一緒に買うべきもの
第5世代iPodtouch用ケースの紹介
第5世代iPodtouchの人気カラーランキング


スポンサーリンク



テーマ : iPhone/itouch
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

No title

第四世代はIPSじゃない。
ブログ内検索
プロフィール

ipfumi

Author:ipfumi
iPodtouchを愛用して1年・・・
いままで調べたことをまとめていきます。

当ブログについて
当ブログについて

【ツイッター】
ツイッターで更新情報をつぶやき中


【はてなブックマーク】
このエントリーをはてなブックマークに追加

【RSS】
下のアイコンから購読できます。
rss.png

【お知らせ】
iTunesカード割引キャンペーンの
アプリをリリース致しました。(5/10)
ダウンロード:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
スポンサーリンク