iPodtouch完全活用 【連載】iPodtouchをiPhone化~第3回 WIMAXを使ってiPodtouchをモバイル化

iPodtouch完全活用

iPodtouchの力を最大限に引き出す方法をまとめていくブログ。



スポンサーリンク


【連載】iPodtouchをiPhone化~第3回 WIMAXを使ってiPodtouchをモバイル化

前回を読んでいない方は先にこちらをお読みください。

今回はWIMAXを使って実際にiPodtouchをモバイル化させてみたいと思います。
さて、WIMAXの電波をWi-FIに変換するモバイルルーターですが、
今回はNEC製のAterm WM3500Rを利用しました。
1回の充電で最大8時間動作するので、ほぼ1日中使うことができます。

wimax1.jpg
wimax2.jpg

つなぎ方は普通のWi-Fiと同じようにすればつなぐことができます。

ちなみにこの機械はWIMAXを契約するとタダで貰えることもあります。(プロバイダーによる)
新品をAmazonで買うと現在15,000円ほどします。
ちなみに私はヤフオクで中古を7,000円ほどで手に入れました。

今回は高速道路上にて使いました。トンネル・橋の上では一部通信が途切れることがありましたが、
ほぼ不自由なくブラウジング、メール、youtubeなどをすることができました。
使っている印象としてはiPhoneと全く変わりませんでした。
写真のようにダッシュボードの中に入れておけば、場所を取ることもなく使えます。

wimax3.jpg

気になる通信速度ですが、私が移動した範囲(常磐道~外環道~関越道)では
おおむね3Mbpsぐらいはありました。
但し、WIMAXはエリアがまだ拡充されていないので、少し山に入ると、
遅くなったり、途切れてしまうことはあるようです。
エリアを確認してから使うことをおすすめします。

最後に、Aterm WM3500Rを使う上で役立つアプリを1つ紹介します。
バッテリーの残量やWIMAXの接続状態を確認する際、WM3500Rモニターというアプリを使えば、
いちいち管理画面にログインしなくてもUpdateボタンをタップするだけで簡単に確認することができます。
通常機能は無料で使うことができます。
wimax4.png

これにてとりあえず、iPod touchでのモバイル化は達成しましたが、
まだiPhoneとの差は埋まっていません。それは通話機能です。
次回は通話機能を使えるようにするアプリ・設定方法を紹介します。

第4回に続く>>

関連商品



iPhone化特集記事
第1回 iPodtouchとiPhoneの比較
第2回 iPodtouchをモバイル化させる
第3回 WIMAXを使ってiPodtouchをモバイル化(この記事)
第4回 iPodtouchで使える無料通話アプリの紹介
第5回 050plusとskypeの料金比較
第6回 050plusとskypeの比較
第7回 iPodtouchとiPhoneの料金比較
第8回モバイル化iPodtouchとiPhoneの機能性比較

関連記事
iPodtouchでwifiを使おう~つなぎ方編~
外でネットを使おう~有料編~
外でネットにつなぐ~無料スポット編~
iPodtouchからパソコンを操作する


スポンサーリンク



テーマ : iPhone/itouch
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
プロフィール

ipfumi

Author:ipfumi
iPodtouchを愛用して1年・・・
いままで調べたことをまとめていきます。

当ブログについて
当ブログについて

【ツイッター】
ツイッターで更新情報をつぶやき中


【はてなブックマーク】
このエントリーをはてなブックマークに追加

【RSS】
下のアイコンから購読できます。
rss.png

【お知らせ】
iTunesカード割引キャンペーンの
アプリをリリース致しました。(5/10)
ダウンロード:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
スポンサーリンク